スマートフォン版へ

ゴールドシップがディープブリランテを差し切り/共同通信杯

  • 2012年02月12日(日) 15時45分
 12日、東京競馬場で行われた第46回共同通信杯(3歳、GIII・芝1800m)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気ゴールドシップが、3〜4番手追走から、ハナを切った1番人気(単勝1.4倍)ディープブリランテを1.3/4馬身差交わして優勝した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。さらにハナ差の3着に3番人気スピルバーグが入った。

 内田博幸騎手は1月28日の復帰後初、昨年のAJCC(GII)以来約1年ぶりの重賞制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
ゴールドシップ(牡3)
父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ
母父:メジロマックイーン
厩舎:栗東・須貝尚介
通算成績:5戦3勝(重賞1勝)
主な戦績:ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)2着、札幌2歳S(GIII)2着

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す