スマートフォン版へ

岩手の年度代表馬はカミノヌヴォーに決定

  • 2012年03月06日(火) 00時00分
【岩手競馬からのお知らせ】
 6日、「2011年度岩手競馬年度代表馬等選考委員会(委員長:(株)IBC岩手放送 加藤久智氏)」が盛岡市の“プラザおでって”で行われ、各部門表彰馬と年度代表馬などが決定しました。

 栄えある年度代表馬には、「第43回不来方賞」「第24回ダービーグランプリ」に勝利したほか、「第37回桐花賞」を制するなどし、3歳最優秀馬に選出された“カミノヌヴォー(千葉幸喜厩舎)”が選ばれました。

 また、特別表彰馬には“ロックハンドスター”が、馬事文化賞には、岩手県遠野市在住で、イギリスで行われた「馬搬技術コンテスト」において優勝した 岩間敬氏が選ばれました。
各部門選考結果は以下のとおりです。

 なお、今回選ばれた受賞関係者等の表彰は、4月3日(火)に開催予定の『2011 IWATE KEIBA AWARDS』において行われます。

【各部門受賞馬】※馬齢は全て今年のもの
◆2歳最優秀馬
アスペクト(牡3、櫻田浩三厩舎)
父ティンバーカントリー母アプローズフラワー(母の父ロイヤルスキー)
主な勝鞍:「第31回若駒賞」「第39回南部駒賞

◆3歳最優秀馬/年度代表馬
カミノヌヴォー(牡4、千葉幸喜厩舎)
父カミノサイレンス母カミノテースト(母の父ノーザンテースト)
主な勝鞍:「第43回不来方賞」「第24回ダービーグランプリ」「第37回桐花賞

◆4歳以上最優秀馬
ゴールドマイン(セン8、櫻田浩三厩舎)
父ダンスインザダーク母スーア(母の父Fairy King)
主な勝鞍:「第19回青藍賞

◆最優秀ターフホース
ラブミープラチナ(牝4、板垣吉則厩舎)
父サクラプレジデント母プラチナム(母の父スキャターザゴールド)
主な勝鞍:「第1回OROターフスプリント」

◆最優秀牝馬
アンダースポット(牝4、城地俊光厩舎)
父ストラヴィンスキー母ハーフムーンベイ(母の父Kris S.)
主な勝鞍:「第11回留守杯日高賞」「第25回ひまわり賞

◆特別表彰
ロックハンドスター(牡)
父マーベラスサンデー母コンティンジェンシー(母の父Alleged)
 その名のとおり“岩手のスター” として、2010年度には3歳三冠を達成、同年度の年度代表馬に輝く。翌2011年度、東京競馬場での開催となった南部杯に、岩手の代表として、ファンの期待を担う形で出走するが、競走中止となる。“岩手のスター”として、その姿を通して全国へ岩手競馬を印象付けた功績を高く評価し、特別表彰馬とするものです。

◆馬事文化賞
岩間敬氏(イギリスで行われた「馬搬技術コンテスト」において優勝)
 馬を使って山から木を切り出す技術「馬搬(地駄曳き)」。岩手県遠野市に在住の岩間氏は、地域の貴重な技術である馬搬を継承し、その普及活動を行っています。今回、その地道な活動に努めながら、2011年5月にイギリスで行われた「馬搬技術コンテスト・シングル部門」で見事優勝に輝きました。伝統的な技術の継承に努めながら、素晴らしい成果を上げられたことは、岩手馬事文化の発展、継承に大きく寄与するものであり、馬事文化賞にふさわしい活動として、その功績を高く評価するものであります。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す