スマートフォン版へ

ディープブリランテがハナ差V、岩田は涙の初制覇/日本ダービー

  • 2012年05月27日(日) 15時59分
 27日、東京競馬場で行われた第79回日本ダービー(3歳牡牝、GI・芝2400m)は、岩田康誠騎手騎乗のディープブリランテが、好位追走から抜け出し、外から差を詰めたフェノーメノの追撃をハナ差抑え優勝した。勝ちタイムは2分23秒8(良)。さらに3/4馬身差の3着にトーセンホマレボシが入った。1番人気ワールドエースは4着、皐月賞馬で2番人気のゴールドシップは5着に終わった。

 ディープブリランテは昨年、デビュー2連勝で東京スポーツ杯2歳S(GIII)を勝利。今年に入ってからは共同通信杯(GIII)2着、スプリングS(GII)2着、皐月賞(GI)3着と連敗が続いていた。

 日本ダービー初制覇となる岩田康誠騎手はウイニングランで歓喜の涙。JRAGIはフェブラリーS(テスタマッタ)、桜花賞(ジェンティルドンナ)に続く今年3勝目、通算15勝目。管理する矢作芳人調教師はグランプリボスによる10年朝日杯フューチュリティS(GI)、11年NHKマイルC(GI)に続くJRAGI・3勝目で、こちらも日本ダービーは初制覇となった。

 ディープブリランテ父ディープインパクトの産駒は2世代目にして初の牡馬クラシックレース勝利で、春のクラシックは桜花賞オークス(いずれもジェンティルドンナ)に続き3勝目。このレースには7頭が出走していたが、3着トーセンホマレボシ、4着ワールドエースと掲示板に3頭が入った。

【勝ち馬プロフィール】
ディープブリランテ(牡3)
父:ディープインパクト
母:ラヴアンドバブルズ
母父:Loup Sauvage
全姉:ハブルバブル(フラワーC-GIII・2着)
厩舎:栗東・矢作芳人
通算成績:6戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:11年東京スポーツ杯2歳S(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す