スマートフォン版へ

オルフェーヴルが鮮やかな復活劇/宝塚記念

  • 2012年06月25日(月) 12時00分
「第53回宝塚記念・GI」(芝2200m)は24日、阪神11Rに16頭で争われ、中団を追走した1番人気の4冠馬オルフェーヴルが、直線半ばから豪快な末脚を発揮。後続の追撃を寄せ付けず圧勝。今年2戦は(2)(11)着と未勝利に終わっていたが、鮮やかに復活した。勝ちタイムは2分10秒9。2着は2馬身差で2番人気のルーラーシップ、3着は1馬身1/4差で6番人気のショウナンマイティが入った。

 誰よりも信じていた。最強馬の復活を-。「ありがとう。オマエ、頑張ったな」。池添は大粒の涙を流しながら、オルフェーヴルの首筋をそっとなでた。「抜け出す脚が速かったし、悪い馬場でも加速した。“この馬が一番強いんだ”って言いながら追いました」と振り返る。阪神大賞典で逸走して2着に敗れ、調教再審査明けの天皇賞・春では11着に沈んだ。「1勝の重みを知りました。今年が終わって“あんなこともあったな”って笑えたらいいですね」。自信と現役最強馬としてのプライドを取り戻し、ホッとした表情で笑った。

 決して完調ではなかった。春の連敗で負った心身のダメージはなかなか抜けず、最終追い切り後に下した池江師のジャッジは“7割の出来”。最大の苦難と直面していた。「トモの肉がまだまだもの足りなかったし、正直、厳しいと思った。半信半疑でしたね。でもこの馬は怪物。疑ってごめんなさい」と最敬礼した。

 改めて国内制圧を完了し、目指すは秋の凱旋門賞(10月7日・仏ロンシャン)だ。参戦に向けての明言は避けたものの、遠ざかりかけたチャンスを再びたぐり寄せたことは間違いない。トレーナーはこう続けた。「昨年の出来に持っていければ、世界最高を狙える。勝算はありますよ」。胸の高鳴りは抑え切れない。大海へ、再び大きく舵(かじ)は切られた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す