スマートフォン版へ

トランスワープ重賞初V、サマー2000シリーズ王者目指す/函館記念

  • 2012年07月16日(月) 12時00分
 サマー2000シリーズ第2戦「第48回函館記念・GIII」(芝2000m)は15日、函館11Rに16頭で争われ、中団の内で末脚を温存させた4番人気のトランスワープが馬場の真ん中を堂々突き抜け、7歳にして重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは2分0秒4。1馬身1/4差の2着は大外から伸びた8番人気のイケトップガン、さらに鼻差の3着には7番人気のミッキーパンプキンが入った。なお、1番人気のトウカイパラダイスは4着に敗れ、3連単は15万2360円の波乱となった。

 歴戦の猛者をあっさりと蹴散らした。重賞初参戦でV。北の大地で高らかに本格化を宣言だ。「もっと前々で競馬をしようと思っていた。焦りましたね」と大野は苦笑いするが、言葉とは裏腹に落ち着いた騎乗が光った。覚悟を決めてインでじっくりと待機し、最速の上がり35秒7を引き出した。「想像以上の脚。スパッという感じ。気持ちよかったです」とさわやかな笑みを浮かべる。

 馬自身の充実ぶりも見逃せない。「これまでは飛節やトモが弱かった」とオーナーであるキャロットファームの関係者は語る。無理をせずに体質強化を待った陣営。09年12月〜11年7月までは長期休養した。「その後は上がり33秒台の脚も使うようになった。変わりましたね」。手にした初めてのタイトルは我慢を積み重ねた成果だろう。

 近日中に放牧へ出され、次走は札幌記念か、新潟記念が有力。史上初となる函館記念覇者のサマー2000シリーズVを目指す。来週から新潟へ主戦場を移す大野も「札幌で使うなら行きたい」と再度の北海道遠征に意欲的。25歳の若武者と7歳馬が織りなすストーリーから、まだまだ目が離せない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す