スマートフォン版へ

母ビリーヴのヴレロワ「雰囲気がありますよ」/栗東トレセンニュース

  • 2012年08月17日(金) 12時05分
 POGでも注目を集める一頭がヴレロワ。母が2002年スプリンターズS、2003年高松宮記念を制したビリーヴ、半兄が今年に入って、栗東S、天保山Sを連勝したファリダットがいる良血だ。

 8月3日に大山ヒルズより栗東へ入厩しているが、先週、今週とゲート試験に合格することができなかったので、今朝もしっかりとゲート練習。「特に大きな問題があるわけではないので、来週は大丈夫だと思います」と中竹和也調教師。馬の様子に関しては「キャンターを見ていると、いかにも良血という感じ。やっぱり雰囲気がありますよ」と同師。試験に合格すれば、そのままデビューを目指して調整が進められる予定だが、外国産馬のため、混合戦への出走しかできない。そのため、具体的な番組に関しては、今後の調教の進み具合で決められる予定。

 先週の釜山Sで待望のオープン入りを果たしたダコール。こちらは「やっぱり時計の速い硬い馬場に適性がありますね。強い内容だったと思います」と同師もレース内容には満足している様子。

 すでに大山ヒルズに出されているが「中2週で新潟記念を使うことも考えましたが、今無理をして、秋にお釣りがなくなっては困るので。ここでひと息入れて、秋はオールカマーあたりを視野に入れています」とのこと。もちろんその先には「天皇賞秋、ジャパンCに出走が叶えばと思っていますよ」ということなので、今後のレースぶりには注目したい。

 そして今週は札幌、新潟、小倉で計11頭が競馬。その中でも一番の注目は「本当に具合はいいよ。距離(芝2200m)が魅力で、再度新潟へ遠征」と同師が話すアシュヴィン。前走3着だが、それ以上が期待できる状態が魅力だろう。(取材:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す