スマートフォン版へ

オルフェーヴルがフランス到着「熱発もなく元気」

  • 2012年08月27日(月) 12時00分
 凱旋門賞・仏GI(10月7日・ロンシャン、芝2400m)に参戦するオルフェーヴル(牡4歳、栗東・池江)が韓国のインチョン空港経由で、日本時間26日の午前0時47分に仏シャルル・ド・ゴール空港に到着。同午前2時30分に、同厩舎所属で帯同馬のアヴェンティーノ(牡8歳)とともに滞在先となるシャンティイの小林智厩舎に入った。

「栗東を出発してから30時間という長旅でしたが、到着後の発熱もなく安心しました」と池江師はまずはホッとした様子。「到着したばかりで周囲に人がいることもあり、多少興奮気味ですが、環境に慣れれば落ち着いてくると思います。今後の調教は天候や馬の状態を見ながら臨機応変に行う予定です」と見通しを語った。スミヨンとのコンビで本番と同じ舞台のフォワ賞・仏GII(9月16日)をステップに大一番に挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す