スマートフォン版へ

【玄海特別】(小倉)〜ヴィクトリースターが2連勝を飾る

  • 2012年09月01日(土) 16時20分
小倉10Rの玄海特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は、3番人気ヴィクトリースター(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒4。半馬身差の2着に1番人気カポーティスターが、3/4馬身差の3着に2番人気ゴールドブライアンがそれぞれ入線。

ヴィクトリースターは栗東・吉村圭司厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト母ヴィクトリークライ(母の父Caerleon)。通算成績は14戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ヴィクトリースター 小牧太騎手
「先頭に立ってから、ソラを使っていたくらい。着差以上に完勝でしたね」

2着 カポーティスター 田辺裕信騎手
「走る馬だとはわかっていました。今日は休み明けと高速決着の馬場、久々の2000mが少し不安でしたが、よくこなしてくれたと思います。休み明けでも動けましたし、この時計にも対応できました」

3着 ゴールドブライアン 浜中俊騎手
「テンにダッシュがつかず、後方からの競馬になりました。馬群が外に広がっていたので、内を突きました。前も開きましたし、うまくさばけたのですが……。どちらかと言うと、広いコースのほうが向くタイプではないでしょうか」

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す