スマートフォン版へ

ジェンティルドンナ、力でねじ伏せ牝馬三冠達成/秋華賞

  • 2012年10月14日(日) 18時10分
 14日、京都競馬場で牝馬三冠の最終戦、秋華賞(3歳・牝・GI・芝2000m)が行われ、道中中団待機していた岩田康誠騎手騎乗で圧倒的1番人気ジェンティルドンナが、同じくゴール前で鋭い脚を見せた2番人気ヴィルシーナをハナ差だけ捕らえて優勝。史上4頭目となる牝馬三冠を達成した。勝ちタイムは2分0秒4(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に、6番人気アロマティコが入った。4着は11番人気ブリッジクライム、5着は道中一気に動いたチェリーメドゥーサ。なお、3番人気アイムユアーズは、6着に敗れている。

 勝ったジェンティルドンナは、父ディープインパクト母ドナブリーニ、母父Bertoliniという血統。

 前走、休み明けのローズSでは先行抜け出し。本番への地盤をきっちりと固め挑んだはずの秋の一大目標秋華賞だったが、道中では伏兵チェリーメドゥーサのマクリ強襲で勝利危うしのシーンも。しかし、最後の直線で猛烈な追い上げを見せ、同じく鋭い脚で飛び込んだヴィルシーナをゴール前でハナ差抑えて難関を突破。これで4月の桜花賞、5月のオークスに続いてのG1勝利となり、86年メジロラモーヌ、03年スティルインラブ、10年アパパネに続いて史上4頭目の牝馬三冠獲得となった。

【勝ち馬プロフィール】
ジェンティルドンナ(牝3)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・石坂正
父:ディープインパクト
母:ドナブリーニ
母父:Bertolini
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:8戦6勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:12年桜花賞(GI)・オークス(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す