スマートフォン版へ

【みやこS(GIII)】(京都)〜ローマンレジェンド G前捉えて破竹の6連勝

  • 2012年11月04日(日) 17時06分
京都11Rの第3回みやこステークス(GIII、3歳上、ダート1800m)は1番人気ローマンレジェンド(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒6(良)。クビ差2着に3番人気ニホンピロアワーズ、さらにクビ差で3着に5番人気ホッコータルマエが入った。

ローマンレジェンドは栗東・藤原英昭厩舎の4歳牡馬で、父スペシャルウィーク母パーソナルレジェンド(母の父Awesome Again)。通算成績は11戦8勝となった。

〜レース後のコメント〜
1着 ローマンレジェンド(岩田騎手)
「2〜3番手という気持ちもありましたが、どこからでも行ける馬ですし、レース内容としては完璧でした。直線も、我慢すれば必ず前は空きますから、僕がバタバタせず、空いたところを狙って、アタマ差でしたが勝てました。これで自信を持ってJCダートに進めます。まだ発展途上、次はさらにパワーアップした姿を見せられると思います」

(藤原英昭調教師)
「100%ではありませんでしたが、岩田騎手も乗り慣れていますし、枠順も良かったですし、余裕でしたね。期待通りに成長していますし、しっかり勝つこと自体、何より成長の証です。次は今年最後、ビシッと仕上げて行きます。さすがに相手も強いですから、体調を整えて、思い通りに行けばいい勝負になると思います」

2着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
「以前より本当に力をつけています。このメンバーでこれだけ戦えたのですからね。とにかく今日はある程度前のポジションでと思っていたところ、少し行きたがる素振りを見せました。そこで他馬に外から来られたことでうまく落ち着いてくれて、3コーナーまでスムースに運べました。この馬は早く動いて1頭になるとソラを使う面があるので、追い出しをギリギリまで我慢しましたが、結果的にあと一呼吸早かったかもしれません。それでも58キロを背負いながら本当に頑張りました。本番でも自信を持って臨みたいですね」

3着 ホッコータルマエ(幸騎手)
「久々の分、テンションが高かったです。それに調教の段階から、まだ絶好調という感じではありませんでした。元々叩いて良くなる馬、次はグッと良くなると思います」

6着 グレープブランデー(デムーロ騎手)
「いい位置でレースが出来ましたし、手応えも良かったのですが、最後の直線で馬が疲れてしまいました。斤量が堪えたのかもしれません」

8着 ナイスミーチュー(橋口弘次郎調教師)
「このペースになるとついて行けませんでしたね。まだまだこれからです」

10着 ハタノヴァンクール(四位騎手)
「今日は、休み明け、初の古馬との手合わせ、57キロ、前の馬に有利な馬場と、この馬には厳しい条件が揃いました。でも春に比べると状態は本当に良くなっていますので、もう少しやれるかと思ったのですが、思っていたようなレースが出来ませんでした。でも上でやっていくにはこういった条件を克服しなくてはいけませんからね。次はJCダートだと思いますが、阪神の坂はこの馬に向くのではないでしょうか。とにかく次、頑張って欲しいですね」

13着 オースミイチバン(川島騎手)
「休み明けでしたし、動き切れませんでした。ここを使って良くなってくれればと思います」

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す