スマートフォン版へ

フミノイマージン「サッと」で、さすがの瞬発力/エリザベス女王杯

  • 2012年11月08日(木) 12時00分
 フミノイマージンは最終追い切りの場に栗東DPを選択した。外々を気持ち良さそうに駆け抜けて5F68秒2-37秒7-11秒5。馬任せの内容とはいえ、最後の瞬発力はさすがの一言だ。

「先週の時点でできている。今週は単走でサッと流す感じと決めていた。いい動きだったよ。まあ、あれくらいの動きはいつでも可能な馬だけどね」と予定通りのメニューを消化し、本田師は満足げな笑みを浮かべる。1週前に栗東CWで意欲的な3頭併せを敢行。もうスパイスを加える必要すらないほどに、馬体は研ぎ澄まされている。

 太宰も静かに闘志を燃やす。15年目で迎えたビッグチャンス。昨年8着に敗れた悔しさは忘れていない。「あの時はイン有利の馬場なのに外を回してしまった。あれは僕のミス」とリベンジを誓う。「チャンスだと思っている。僕がスムーズな競馬をすれば結果は出る。出さないといけない」。万全の仕上がりを施され、人馬の悲願達成へと突き進む。

 抜群の気合乗りで、レインボーダリアは美浦Wで5F69秒2-39秒0-12秒6。先行するエイブルサクセス(4歳1000万下)の内へ4角で潜り込み、余力十分の手応えで並入した。「状態を確認する程度の内容だったが、いい感じ。昨年5着時より力もつけている」と二ノ宮師。「前走(府中牝馬S4着)も次につながる内容だったので」と力を込めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す