スマートフォン版へ

伏兵マサノブルースが2年ぶりの勝利/京都ジャンプS

  • 2012年11月10日(土) 14時21分
 10日、京都競馬場で行われた京都ジャンプS(3歳上、J.GIII・障害3170m)は、道中3番手を追走していた植野貴也騎手騎乗の6番人気マサノブルース(セン5、栗東・五十嵐忠男厩舎)が直線後続に大きくリードをとって抜け出し、最後は4番人気バアゼルリバー(牡6、栗東・松田博資厩舎)に3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分31秒9(良)。

 さらに6馬身差の3着に、5番人気アグネスハイヤー(牡6、栗東・鮫島一歩厩舎)が入った。

 なお、2番人気エムエスワールド(牡9、栗東・湯窪幸雄厩舎)は6着、3番人気ナリタシャトル(牡7、栗東・小野幸治厩舎)は5着にそれぞれ敗れ、圧倒的1番人気テイエムハリアー(牡6、栗東・五十嵐忠男厩舎)は、道中大逃げを打つも2周目3〜4コーナー中間の障害で落馬、競走を中止している。

 勝ったマサノブルースは、父マヤノトップガン母パルティシオンその父エルコンドルパサーという血統。10年11月の障害未勝利(京都)以来勝利から遠ざかっていたが、約2年ぶりの通算2勝目が嬉しい重賞初制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
マサノブルース(セン5)
騎手:植野貴也
厩舎:栗東・五十嵐忠男
父:マヤノトップガン
母:パルティシオン
母父:エルコンドルパサー
馬主:猪野毛雅人
生産者:猪野毛牧場
成績:17勝2勝(重賞1勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す