スマートフォン版へ

重賞未勝利から一躍G1馬!レインボーダリアが激戦制す/エリザベス女王杯

  • 2012年11月11日(日) 17時55分
 11日、京都競馬場でエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)が行われ、五分のスタートから道中中団待機策でレースを進めた柴田善臣騎手騎乗の7番人気レインボーダリア(牝5、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が4コーナー外々を通って前へと進出。残り200mで馬場のど真ん中から一気に先頭に躍り出ると、連れて内から伸びてきた圧倒的1番人気ヴィルシーナ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)との競り合いをクビ差を抑え優勝した。勝ちタイムは2分16秒3(重)。

 さらにアタマ差の3着に、出遅れて序盤は最後方からの追走からゴール前で一気の伸び脚を見せた5番人気ピクシープリンセス(牝4、栗東・野中賢二厩舎)が入った。その後、1.3/4馬身差の4着に15番人気マイネオーチャード(牝4、美浦・畠山吉宏厩舎)、5着は4番人気オールザットジャズ(牝4、栗東・角居勝彦厩舎)の順で確定。

 勝ったレインボーダリアは、父ブライアンズタイム母アロームその父ノーザンテーストという血統。

 休み明けとなった前走府中牝馬Sでは、追込み届かず4着。この秋2走目の今回は大雨で渋った馬場もものともせずにゴールまで突き抜けてみせた。昨年スノーフェアリーを相手に5着善戦のこのレース。通算28走目にして、嬉しい嬉しいG1タイトルの獲得となった。

【勝ち馬プロフィール】
レインボーダリア(牝5)
騎手:柴田善臣
厩舎:美浦・二ノ宮敬宇
父:ブライアンズタイム
母:アローム
母父:ノーザンテースト
馬主:田中由子
生産者:大栄牧場
通算成績:28戦6勝(重賞1勝)






>

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す