スマートフォン版へ

ジェンティルドンナ史上初となる3歳牝馬による制覇!/ジャパンC

  • 2012年11月26日(月) 12時00分
「第32回ジャパンカップ・GI」(芝2400m)は25日、東京11Rに17頭で争われ、今年の牝馬3冠を達成した3番人気のジェンティルドンナが、1番人気オルフェーヴルとの牡牝クラシック3冠馬同士による激しいデッドヒートを鼻差制し、史上初となる3歳牝馬によるジャパンC制覇の偉業を成し遂げた。勝ちタイムは2分23秒1。さらに2馬身半差の3着には2番人気のルーラーシップが入った。

 長い審議を終え、クールダウンした岩田は「直線でオルフェの馬体をプッシュしてしまった。後味の悪いレースで申し訳ない」と反省しながらも「あのオルフェに勝ったんです。馬を褒めてあげて下さい」とパートナーをたたえた。

「最後は激しかった。でも“まだ行ける”と思った。彼女は並んだら抜かせないから」と石坂師は自信に満ちた表情を浮かべ、堂々と胸を張る。5馬身差で圧勝したオークスで“規格外”と感じ、視線は国内の頂点へと向けられた。「能力は通用する。だから思い切って挑戦したんです。きょう勝って、思った通りの馬だなと確信した」。牝馬同士のエリザベス女王杯ではなく、さらなる高みを目指した指揮官の眼に狂いはなかった。

 国内制圧を果たした今、向かう先は世界しかない。「今年はもう使わない。3冠を獲ったときからドバイ、アメリカ、フランスを考えていた」とトレーナーは来年の海外遠征を表明した。最多タイとなるJRAGI年間6勝、そして史上初の連覇を成し遂げた岩田も思いは同じだ。「去年勝ったブエナビスタもすごかったけど、この馬にはそれを超えてほしい。海外で勝ち負けを意識できる馬」。競馬の魅力を体現した名牝は“国内最強”の肩書きとともに世界へ飛び出していく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す