スマートフォン版へ

有馬記念、ダークシャドウ堀師・ムーア騎手インタビュー/美浦トレセンニュース

  • 2012年12月20日(木) 20時00分
有馬記念(GI・芝2500m)に出走予定のダークシャドウ(牡5・堀宣行厩舎)とネヴァブション(牡9・伊藤正徳厩舎)についての、陣営のコメント。

ダークシャドウについて、堀宣行調教師。
「前走ジャパンC(GI・芝2400m・4着)を使うにあたっての一番の大きな問題点は、距離が持つのかどうかということでしたが、距離は大丈夫という確認ができたのは良かったと思います。競馬はなかなか思い通りにはならないものですが、少し位置取りが後ろになりまして、流れの中で早めに動くような形になったのですが、脚は十分使ってくれていました。できれば1、2着争いに割って入れればと思いましたけど、収穫は大きかったと思います。

去年までは休み休みで使ってきました。その大きな理由として、使っていくうちに体が絞れていってしまって、馬体の維持が難しく、精神的にも平常心を欠く面がありました。脚元に関しても固まっていないという状況もありました。今年の秋は、馬体の維持という意味では、輸送を含めて馬体減りがだいぶ少なくなりまして、脚元も固まってきて強い調教ができるようになってきました。今回は秋3戦目ですが、調子落ちは感じておりません。

通常、日曜日の出走馬は、木曜に追い切りをするというのが厩舎のパターンなのですが、前2走は、強い調教をレースの当該週にやって馬体を絞りたいというもくろみがあり、水曜日に追っていました。今回は、先週までに十分仕上がっていることを確認できましたので、木曜日の追い切りという形を取りました。昨日の時点で状態の良さを確認できていましたし、今日の追い切りも良かったと思います。

以前は馬体減、脚元に加えて、一番問題が大きかったのが右トモが悪いということでした。ですから、その部分に配慮しながらの調整をしたり、競馬場も直線の長い東京を選んで使っていたということがあったのですが、坂路にも入れられるようになりましたし、だいぶその辺を気にしないで調整できるようになってきました。特に福永騎手が競馬をよく教えてくれましたし、夏の札幌でも小回りコースに対応してくれるなど成長も感じますから、中山コースにも対応してくれると思います。

以前より改善してきていますが、前走でも半馬身ほど出遅れたように、ゲートに若干の課題がありますので、なるべく良い枠が当たって、展開面の助けがあればと思っています」

◆追い切りにも騎乗したムーア騎手。
「前走のジャパンCもよく走っていましたし、その後も順調に調教ができていて、体調も万全だと聞いていますので、とても楽しみにしています。今日は、反応を確かめるという追い切りでしたが、その点に関しても満足しています。跨ってみると能力が高いのはもちろんわかりますし、本当に良い馬なので、有馬記念で良い走りをお見せできればと思っています。古馬になりましたし、右回りの中山でもこなせると思います。

もちろん優勝以外は考えていませんが、皆様もご存知の通り、競馬はわからないものなので、できるだけ万全の態勢で臨めるように頑張りたいです。日本の中でも大きなレースだということは以前から知っていましたから、その大舞台で騎乗できることを心から楽しんでいます。どうか皆様も楽しめますように、そして皆様にクリスマスプレゼントが届きますようにと願っております」

ネヴァブションについて、伊藤正徳調教師。
「今日の追い切りを見ても、年齢の割にヤル気がありますね。ある程度年を取ってから骨折をして、手術をしてボルトを入れたのですが、かなりのストレスがかかっていたはずです。ですから、そこから抜け出すのに時間がかかってしまいました。段々と良くなってきて、前走のステイヤーズS(GII・芝3600m・5着)の内容も悪くはなかったですし、やっと本来のネヴァブションに戻りつつあるかなという感じがしています。相手が強い弱いは関係がなくて、16分の1は勝つ確率があるわけですから、勝つためにいろいろな工夫をしています。あとはジョッキーが、この馬の特性を把握して、いかにその能力を発揮させられるかだと思います」(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す