スマートフォン版へ

オルフェーヴル始動戦はドバイまたは大阪杯

  • 2013年01月03日(木) 12時00分
 5冠馬オルフェーヴルの今春のローテが具体的になってきた。現状は2択。始動戦は国内なら大阪杯(3月31日・阪神)、国外ならドバイWCデー諸競走(3月30日・UAEメイダン)で、ワールドC(AW2000m)やシーマクラシック(芝2410m)が候補になりそうだ。「いずれにしても、2走目は宝塚記念(6月23日・阪神)」と池江師は明言。現時点では春の天皇賞は使わない方向となっている。

 現在は滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧中。「良くなっている。有馬記念を回避した分、気持ちも戻ってきているね」と師は順調な回復ぶりに目を細める。凱旋門賞(10月6日・ロンシャン)での雪辱を胸に、春のグランプリ連覇で大きく弾みをつける構えだ。
提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す