スマートフォン版へ

直線はヒヤリ…、ダノンバラードが2年1か月ぶり重賞2勝目/AJCC

  • 2013年01月20日(日) 18時00分
 20日、中山競馬場でアメリカジョッキークラブC(4歳上・GII・芝2200m)が行われ、レース序盤は久々登場の7番人気ネコパンチ(牡7、美浦・星野忍厩舎)が後続11頭を大きく引き離して逃げを打つ中、6番手からの追走となったF.ベリー騎手騎乗の3番人気ダノンバラード(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が、3〜4コーナーで楽な手応えのまま直線を向くとそのまま一気に抜け出し、終始4番手のインをついて直線もじわじわと追い上げた5番人気トランスワープ(セン8、美浦・萩原清厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒1(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に、ゴール前で外から追い込んだ2番人気アドマイヤラクティ(牡5、栗東・梅田智之厩舎)が入った。なお、1番人気ルルーシュ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)はいいところなく7着に敗れている。

 勝ったダノンバラードは、父ディープインパクト母レディバラードその父Unbridledという血統。2010年末の2歳時、ラジオNIKKEI杯2歳Sで重賞初制覇を飾ってから2年1か月、その間は皐月賞3着を筆頭に重賞の掲示板を7度経験するも、勝ち星を挙げられず、昨夏には1600万への降級も経験したが、ここで久しぶりの優勝を飾った。

 なお、レース入線後に、1着ダノンバラードの進路の取り方(最後の直線で内に斜行した件)について,、トランスワープに騎乗した大野騎手、管理する萩原調教師から異議申し立てが行われたが、長い審議の末、「被害馬で2着のトランスワープは、加害馬ダノンバラードに先着できたとは認められないため」到達順位の通りに確定となっている。

【勝ち馬プロフィール】
ダノンバラード(牡5)
騎手:F.ベリー
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:レディバラード
母父:Unbridled
馬主:ダノックス
生産者:ケイアイファーム
通算成績:17戦5勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2010年ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す