スマートフォン版へ

【TCK女王盃】(大井・JpnIII)〜メーデイア、圧勝で重賞初制覇

  • 2013年01月23日(水) 17時55分
 大井競馬場で行われた牝馬のダートグレード競走=第16回TCK女王盃(JpnIII・1800m・出走14頭)は、道中3番手につけた2番人気のメーデイアが、直線で後続を5馬身突き放す圧勝で重賞初挑戦を白星で飾った。勝ちタイムは1分53秒7(重)。
 中団から追い込む競馬を見せた8番人気のアクティビューティが2着、さらに2馬身差の3着が逃げた1番人気のレッドクラウディアで、上位3着までをJRA勢が占めた。3着から3/4馬身差の4着に高知のアドマイヤインディ、5着にはプレシャスジェムズが入っている。

 勝ったメーデイア父キングヘイロー母ウィッチフルシンキング(その父Lord Avie)という血統の5歳牝馬で、JRA栗東・笹田和秀調教師の管理馬。通算成績は12戦5勝(うち地方1戦1勝)。鞍上の浜中俊騎手は、大井競馬場では今日が初騎乗だった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 メーデイア
(浜中俊騎手)
「スタートは少し遅かったのですが、スムーズな競馬が出来ました。真っ向勝負で競りかけていく内容でしたし、強い競馬でした。本当に期待していた馬ですし、もっと活躍して欲しいですね。大井競馬場で初めての騎乗で勝つことが出来て嬉しいです」

(笹田和秀調教師)
「思った以上に強い競馬をしてくれて、びっくりしました。馬も大井が初めてで、パドックでは馬が僕を頼りにしているのか、ちらちら見ているくらいだったのですが…一生懸命走ってくれました。随分馬がしっかりして来たことが、この結果につながったのだと思います。輸送で馬が絞れていたのも良かったのでしょう。3コーナーでの手応えも良かったですし、これならと思って見ていました。次走は馬の様子を見て、オーナーとも相談して考えたいと思います」

2着 アクティビューティ(吉田隼人騎手)
「じっくり運ぶ競馬をしました。手応えも良かったですし、1頭強い馬がいましたが頑張ってくれました」

3着 レッドクラウディア(内田博幸騎手)
「自分のペースで行けましたが、早めに来られたのがつらかったですね。ハナにこだわる馬ではありませんが、下げて外から被されるよりは、行った方が持ち味が出ると思って行きました。理想的な競馬はできましたが…」

(取材:大関隼)

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す