スマートフォン版へ

人気2頭は惨敗、タマモベストプレイが抜け出して重賞初制覇/きさらぎ賞

  • 2013年02月03日(日) 17時16分
 3日、京都競馬場でクラシックへ向けて西の登竜門・きさらぎ賞(3歳・GIII・芝1800m)が8頭立てで行われ、道中2番手を追走していた和田竜二騎手騎乗の6番人気タマモベストプレイ(牡3、栗東・南井克巳厩舎)が、直線に向いて残り200mで道中マイペースの逃げに持ち込んで粘り込みを図った5番人気マズルファイヤー(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)を捕らえて差し切り、最後はクビ差つけて優勝した。勝ちタイムは1分48秒9(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に、後方追走からゴール前で間を割って浮上した3番人気アドマイヤドバイ(牡3、栗東・橋田満厩舎)が入った。

 なお、2番人気ラストインパクト(牡3、栗東・松田博資厩舎)は6着、1番人気リグヴェーダ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は最下位8着にそれぞれ見せ場なく敗れている。

 勝ったタマモベストプレイは、父フジキセキ母ホットプレイその父ノーザンテーストという血統。京都内回り1400mで新馬、500万下と連勝したあと、朝日杯FSの抽選除外を経て前走シンザン記念では3着。初距離1800mとなったここは2番手追走から、直線きっちり捌いてみせての重賞初勝利。通算3勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
タマモベストプレイ(牡3)
騎手:和田竜二
厩舎:栗東・南井克巳
父:フジキセキ
母:ホットプレイ
母父:ノーザンテースト
馬主:タマモ
生産者:信成牧場
通算成績:4戦3勝(重賞1勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す