スマートフォン版へ

障害レースで高嶋活士騎手(20)が落馬負傷、都内の病院へ緊急搬送

  • 2013年02月09日(土) 21時33分
 9日、東京競馬場で行われた4R・障害未勝利戦(4歳上・ダ3000m)で、7番人気アバディ(セ6、美浦・清水美波厩舎)がスタートして4度目の障害で落馬し、競走を中止。同馬に騎乗していた高嶋活士騎手(20歳、美浦・フリー)がこの事故により、都内の病院に緊急搬送された。容態についてJRAは、9日21時の時点で「現在検査中」としている。

 レースでは、好スタートを決めて先行争いを演じていた高嶋騎手とアバディだったが、落馬前の障害でも態勢を崩すような飛越を見せており、落馬はそうした中で起こった。問題の4つ目の障害では、馬が障害をうまく飛び越えることができず、並走馬にも接触。鞍上の高嶋騎手は、前に投げ出されるような形で落馬、そこへ後続馬も殺到してくるような格好となっただけに、今後の容態が心配される。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す