スマートフォン版へ

トーセンラー、武豊騎手を背に復活の差し切りV/京都記念

  • 2013年02月10日(日) 17時40分
 10日、京都競馬場で伝統の重賞レース・京都記念(4歳上・GII・芝2200m)が行われ、道中は中団の外目へ待機していた武豊騎手騎乗の6番人気トーセンラー(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)が4コーナーで外目から徐々に進出して前へと接近。直線へ向いては馬場の外目から一気に脚を伸ばしてくると、残り200mで逃げ込みを図る2番人気ショウナンマイティ(牡5、栗東・梅田智之厩舎)捕らえて差し切り、ゴール前で中団待機策からゴール前で脚を伸ばした3番人気ベールドインパクト(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分12秒5(良)。

 さらにクビ差の3着にショウナンマイティが粘り込んだ。差のない4着には、先行して粘った5番人気ビートブラック(牡6、栗東・中村均厩舎)、1番人気ジャスタウェイ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は伸び脚を欠いて5着。

 なお、2011年の阪神JF勝ち馬、7番人気ジョワドヴィーヴル(牝4、栗東・松田博資厩舎)は7着に敗れている。

 勝ったトーセンラーは、父ディープインパクト母プリンセスオリビアその父Lyciusという血統。昨夏の新潟記念(7着)以来久々の実戦復帰は、2011年・3歳冬のきさらぎ賞オルフェーヴルを完封した京都コースでも、実力馬が多数出走により6番人気。それでも、久々にコンビを組んだ武豊騎手の手綱も冴えわたって、当時の末脚が蘇える鮮やかな差し切り勝ちを披露。鞍上にとっても、デビュー年以来27年連続の重賞勝ちとなった。

【勝ち馬プロフィール】
トーセンラー(牡5)
騎手:武豊
厩舎:栗東・藤原英昭
父:ディープインパクト
母:プリンセスオリビア
母父:Lycius
馬主:島川隆哉
生産者:社台ファーム
通算成績:16戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2011年きさらぎ賞(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す