スマートフォン版へ

メイケイペガスターが2番手から抜けて重賞制覇/共同通信杯

  • 2013年02月10日(日) 17時45分
 10日、東京競馬場でクラシックへ向けての登竜門レース、共同通信杯(3歳・GIII・芝1800m)が行われ、いつもよりも早めの2番手を追走していた横山典弘騎手騎乗の4番人気メイケイペガスター(牡3、栗東・木原一良厩舎)が絶好の手応えで4コーナーを回って最後の直線へ。残り400mでは早々に先頭に躍り出ると、あとは後続を一気に突き放し、先行集団の一角から連れて伸びてきた2番人気ゴットフリート(牡3、美浦・斎藤誠厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒0(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に、2番手追走から粘り込んだ9番人気マイネルストラーノ(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)が入った。その後遅れての4着が、直線大外を追い上げた1番人気ラウンドワールド(牡3、栗東・松田博資厩舎)、5着にやや伸び脚を欠いた3番人気マンボネフュー(牡3、美浦・国枝栄厩舎)の順で確定。

 勝ったメイケイペガスターは、父フジキセキ母ストームホイッスルその父ブライアンズタイムという血統。9月19日の新馬戦(阪神・芝1600m)で圧巻の差し切り勝ちを決め、1番人気で迎えた2戦目のディリー杯2歳Sではまさかの11着に大敗。その後、3か月休んで年明け緒戦、若駒Sでは最後方追走から伸びて3着。今回は新コンビとなる横山典弘騎手が、折り合い面の不安など一掃する見事な先行策を披露して、春のクラシック本番へ向けても展望広がる嬉しい重賞初勝利。通算2勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
メイケイペガスター(牡3)
騎手:横山典弘
厩舎:栗東・木原一良
父:フジキセキ
母:ストームホイッスル
母父:ブライアンズタイム
馬主:名古屋競馬
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:4戦2勝(重賞1勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す