スマートフォン版へ

グレープブランデーが骨折判明、全治3か月以上

  • 2013年02月20日(水) 19時00分
 20日、JRAは先日17日のフェブラリーSで2度目のGI制覇を飾ったグレープブランデー(牡5、栗東・安田隆行厩舎)が、右第1指骨剥離骨折を発症したと発表した。

 現時点では、全治には3か月以上を要すことが判明しているが、骨折の症状自体は軽く、早期復帰も見込める模様。

 同馬は、2011年ジャパンダートダービー(大井)で最初のGI制覇を果たした後も、右前蹄骨を骨折して約1年間戦線を離脱。復帰後は、フェブラリーSで完全復活を遂げるまでにも長期間を要しており、またしても無念の戦線リタイアとなった。

【プロフィール】
グレープブランデー(牡5)
厩舎:栗東・安田隆行
父:マンハッタンカフェ
母:ワインアンドローズ
母父:ジヤツジアンジエルーチ
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム
通算成績:16戦7勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2013年フェブラリーS(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す