スマートフォン版へ

千四でも完勝!「世界の韋駄天」ロードカナロアが始動戦V/阪急杯

  • 2013年02月24日(日) 18時00分
 24日、阪神競馬場で高松宮記念を占う重要な前哨戦、阪急杯(4歳上・GIII・芝1400m)が行われ、昨年暮れに日本勢で初となる、香港スプリントを圧勝した「世界のスプリンター」で岩田康誠騎手騎乗の圧倒的な1番人気ロードカナロア(牡5、栗東・安田隆行厩舎)が登場。

 レースでは、好スタートを決めたロードカナロアが、道中先行集団から離れた5番手を追走すると、4コーナーでは非常に楽な手応えで前を射程圏へと収めると、直線向いては好位集団の中から一瞬先に抜け出した11番人気オリービン(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)を残り200mで外から並んで一気に交して先頭に立つとそのまま押し切り、中団追走からゴール前で2位に浮上した、2番人気マジンプロスパー(牡6、栗東・中尾秀正厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分21秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に、最後まで粘った11番人気オリービン(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)が入った。その後の4着に、阪神芝1400m巧者の2番人気サンカルロ(牡7、美浦・大久保洋吉厩舎)、5着に追い上げた13番人気シュプリームギフト(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)の順で確定。

 勝ったロードカナロアは、父キングカメハメハ母レディブラッサムその父Storm Catという血統。今やお馴染みとなった岩田康誠騎手とのコンビで昨秋のスプリンターズSでGI初制覇とすると、続く香港スプリントは地元の強豪馬を相手に圧巻の差し切りVを披露して、「世界のスプリンター」の座に君臨。今年の始動戦となったここは、既に陣営が明言する次走・高松宮記念でのGI3勝目に向けて改めて「視界良好」を思わせる圧巻の貫録勝ち。5度目の重賞制覇を難なく飾り、通算9勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
ロードカナロア(牡5)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・安田隆行
父:キングカメハメハ
母:レディブラッサム
母父:Storm Cat
馬主:ロードホースクラブ
生産者:ケイアイファーム
通算成績:14戦9勝(海外1戦1勝、重賞5勝)
主な勝ち鞍:2012年スプリンターズS(GI)、香港スプリント(GI)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す