スマートフォン版へ

「海外遠征には変化に戸惑わない度胸」ハーツクライ橋口師の証言/ドバイ挑戦記

  • 2013年03月15日(金) 17時00分
 3月30日にドバイ・メイダン競馬場で開催されるドバイワールドCデー。トレイルブレイザーがジェンティルドンナと同じドバイシーマCへの参戦を表明し、日本馬の活躍が益々期待されます。そこで、過去にドバイ遠征に挑んだ陣営を3週にわたって直撃。今週は、2006年にハーツクライで同レースを制した橋口弘次郎調教師に、当時の秘話とジェンティルへのエールをいただきます。(取材・写真:井内利彰)

―橋口弘次郎調教師にとって、2006年のドバイ遠征(ハーツクライ、ユートピア)は初めての海外遠征だったと思いますが?

 2003年にユートピアをUAEダービーに出走させるつもりで、美浦の検疫厩舎に入れるところまで準備していました。ところが、当時はイラク戦争があって、遠征を断念したという経緯があります。ですから、実際に海外遠征したのは、その時が初めてですね。

―初めての遠征は不安になりませんでしたか?

 うちの馬は2頭いましたし、他の厩舎も合わせると9頭。厩舎の一棟に日本馬が入るような形だったので、海外に来たって感じがしませんでした。国内で出張に来たみたいな感じでした(笑)。

 ただ、ハーツクライは...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す