スマートフォン版へ

天皇賞へ向けて視界良好!ゴールドシップが圧巻マクリで重賞6勝目/阪神大賞典

  • 2013年03月17日(日) 18時30分
 17日、阪神競馬場で阪神大賞典(4歳上・GII・芝3000m)が行われ、昨年の皐月賞菊花賞有馬記念を制したゴールドシップ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)が、目標とする天皇賞・春に向けて今年の始動戦として登場。

 レースは、単勝1.1倍という圧倒的な1番人気に推されたゴールドシップが、お馴染みのモッサリとしたスタートから出遅れて、1周目では9頭立ての最後方を追走する展開。2周目の向正面で9頭の馬群全長が15馬身近くと広がる中で、2週目の3コーナー過ぎから外々を一気に押し上げてマクりながらのロングスパートを開始。連れて内から併せた2番人気ベールドインパクト(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)とともに最終の4コーナーで先頭に並びかけ、残り200mで単独先頭に立って、後方追走からゴール前で追い込んだ3番人気デスペラード(牡5、栗東・安達昭夫厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分5秒0(良)。

 さらに1馬身差の3着に、2番手追走から最後まで踏ん張り通した5番人気フォゲッタブル(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。

 勝ったゴールドシップは、父ステイゴールド母ポイントフラッグその父メジロマックイーンという血統。GI3勝を挙げて迎えた今年の緒戦は相手関係からも「負けられない一戦」。レースでは、勝負処で他馬を次々となぎ倒し、トレードマークの「強烈マクリ」を決めて6度目の重賞制覇を難なく達成。次走・春の天皇賞へ向けての視界良好を思わせる、会心の勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
ゴールドシップ(牡4)
騎手:内田博幸
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ
母父:メジロマックイーン
馬主:小林英一
生産者:出口牧場
通算成績:11戦8勝(重賞6勝)
主な勝ち鞍:2012年皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す