スマートフォン版へ

オルフェーヴル、5歳初戦は強豪相手に余裕の貫録勝ち/大阪杯

  • 2013年03月31日(日) 17時10分
 31日、阪神競馬場でGI級のメンバーが揃った中、大阪杯(4歳上・GII・芝2000m)が行われ、2011年クラシック3冠馬オルフェーヴル(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が2013年のターフに初登場。

 レースでは、単勝1.2倍という圧倒的な支持を集めた池添謙一騎手騎乗のオルフェーヴルが、スタートを無難に決めて道中中団やや後方グループの外目を追走する形となって、3〜4コーナーでは馬群の大外を通り、徐々に先行集団に接近して前を射程圏に捕らえる形に。直線に向いては、5番手追走から連れて抜け出しを図った5番人気エイシンフラッシュ(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)を残り150mであっさりと交して先頭に立ち、ゴール前で外から一気に脚を伸ばして2着に浮上した2番人気ショウナンマイティ(牡5、栗東・梅田智之厩舎)に、1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に、エイシンフラッシュが入った。なお、3番人気ダークシャドウ(牡6、美浦・堀宣行厩舎)は5着、紅一点の参戦4番人気ヴィルシーナ(牝4、栗東・友道康夫厩舎)は6着にそれぞれ敗れている。

 勝ったオルフェーヴルは、父ステイゴールド母オリエンタルアートその父メジロマックイーンという血統。

 昨秋のフランス遠征では、凱旋門賞で勝利目前で気の悪さを覗かせて2着、JCでは3冠牝馬ジェンティルドンナの前にハナ差2着と大一番でのアンラッキーな面も続いて、日本競馬界の王者がまさかの不覚続き。年末の有馬記念を回避し、5歳春の再始動戦に向けて英気を養って挑んだここは、皐月賞以来となる久々の2000mでも何の問題もなくクリアしてみせ、阪神競馬場では宝塚記念以来となる重賞V4、通算では昨秋のフォワ賞(フランス)以来となる9つ目の重賞勝ちを収め、大歓声に沸く仁川で格の違いをまざまざと見せつけた。

【勝ち馬プロフィール】
オルフェーヴル(牡5)
騎手:池添謙一
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ステイゴールド
母:オリエンタルアート
母父:メジロマックイーン
馬主:サンデーレーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:18戦10勝(海外2戦1勝、重賞9勝)
主な勝ち鞍:2011年皐月賞(GI)、日本ダービー(GI)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)、2012年宝塚記念(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す