スマートフォン版へ

ロゴタイプ、堂々の横綱相撲で混戦に断!超速レコードV/皐月賞

  • 2013年04月14日(日) 15時45分
 14日、中山競馬場で2013年牡馬クラシック競走の第一弾・皐月賞(3歳・GI・芝2000m)が行われ、道中は中団のインコースを追走していたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ロゴタイプ(牡3、美浦・田中剛厩舎)が、3〜4コーナーで外に持ち出されて先団へと急接近。直線に向いては、そのまま外目から勢いよく脚を伸ばして先行集団をまとめて捕らえて差し切り、4コーナーから直線入り口で強気に先頭へと並びかけた2番人気エピファネイア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)以下に、1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイム1分58秒0(良)は、2002年の優勝馬ノーリーズンの記録を0.5秒上回るレコードタイム。

 さらに1.1/4馬身差の3着に、中団追走から直線に向いて脚を伸ばしてきた3番人気コディーノ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。その後の4着は、4番人気カミノタサハラ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)、5着は8番人気タマモベストプレイ(牡3、栗東・南井克巳厩舎)の順で確定。

 勝ったロゴタイプは、父ローエングリン母ステレオタイプその父サンデーサイレンスという血統。昨年の朝日杯FSでは、7番人気と当時はまだ伏兵扱いに過ぎなかったが、鞍上のミルコ・デムーロを背に見事なGI勝利を飾ると、年明け初戦のスプリングSでは横綱相撲での完勝。迎えた本番は、これまで魅せてきたパフォーマンス通りか、或いはそれ以上にも映る力強い走りと超速レコードで群雄割拠のライバルホースたちを叩きのめしてみせ、2013年の牡馬クラシック1冠目のタイトルを奪取した。

【勝ち馬プロフィール】
ロゴタイプ(牡3)
騎手:M.デムーロ
厩舎:美浦・田中剛
父:ローエングリン
母:ステレオタイプ
母父:サンデーサイレンス
馬主:吉田照哉
生産者:社台ファーム
通算成績:8戦5勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2012年朝日杯FS(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す