スマートフォン版へ

【フローラS(GII)】(東京)〜デニムアンドルビー 連勝で重賞初制覇

  • 2013年04月21日(日) 17時21分
東京11Rのオークストライアル(3着まで優先出走権)、第48回フローラステークス(GII、3歳牝馬、芝2000m)は1番人気デニムアンドルビー(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分3秒9(稍重)。3/4馬身差2着に2番人気エバーブロッサム、さらに3/4馬身差で3着に9番人気ブリュネットが入り、上記3頭がオークスの優先出走権を獲得。

デニムアンドルビーは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト母ベネンシアドール(母の父キングカメハメハ)。通算成績は4戦2勝となった。

〜レース後のコメント〜

1着 デニムアンドルビー(内田博騎手)

「スタートは2000mだし、この馬の競馬をしようと思って行きました。馬場が重いので、馬群から離れないように、なるべく馬に負担を掛けないように乗りました。前回もものすごい脚を使っていますし、馬場は少し心配でしたが、この馬の力を出せば勝てると思っていました。切れ味も力もあって、折り合いもつきますし、ゴーサインを出せばスムースに行きますし、我慢して欲しいところは息が入りますし、賢い女の子だと思います。2000mも走りましたし、末脚もありますし、本番でも十分やれると思いますし、自信を持って行きます」

2着 エバーブロッサム(戸崎騎手)

「これまで2回乗っていますが、使うごとに良くなっています。折り合いもつきますし、長い距離も良さそうです。直線では伸びているのですが、勝ち馬と併せる形で追い負けてしまいました」

3着 ブリュネット(福永騎手)

「ペースが遅く、直線では進路取りを失敗してしまいました。勝ち馬について行けば良かったです。この馬は、前向きすぎるところが課題で、そこをコントロール出来ればと思います」

4着 テンシンランマン(田中勝騎手)

「18番枠でよく頑張りました。ただ、脚をタメたいところで他の馬に来られてしまいました。ハミを銜えて走るところはいつものことなので許容範囲です。あともうちょっとだったのですが...」

6着 スイートサルサ(蛯名騎手)

「距離が長いです。道中は折り合いがついて思い通りの競馬でした。直線では、シュッと脚を使って、早いかなと思うくらいの反応でした。しかし、坂でバタッと止まってしまいました」

12着 イリュミナンス(武豊騎手)

「大変なスローで、動けませんでした。折り合いもつきましたし、距離も合っています。しかし、追っても弾けませんでした」

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す