スマートフォン版へ

ゴールドシップは不発…、4角先頭で2番人気フェノーメノが初戴冠/天皇賞・春

  • 2013年04月30日(火) 10時00分
 28日、京都競馬場で古馬長距離No.1決定戦・天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m)が行われ、道中はケレン味のない逃げでレースを引っ張った12番人気サトノシュレン(牡5、栗東・村山明厩舎)から15馬身ほど離れた中団前目あたりを追走していた、蛯名正義騎手騎乗の2番人気フェノーメノ(牡4、美浦・戸田博文厩舎)が、2周目3〜4コーナーで内から徐々に前へと接近しての早めのスパートを開始すると、最終4コーナーで先頭に並びかける強気の競馬で直線に向いて後続とのリードを広げにかかり、残り250mで完全に抜け出して、同じく中団追走から最終4コーナーで先頭に並びかけて脚を伸ばした3番人気トーセンラー(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)に、1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分14秒2(良)。

 さらに2馬身差の3着にドバイワールドC2着を経ての挑戦となった6番人気レッドカドー(セン7、英・E.ダンロップ厩舎)が入った。

 なお、4着には直線内から脚を伸ばした4番人気アドマイヤラクティ(牡5、栗東・梅田智之厩舎)が入り、単勝1.3倍と断然の人気で注目を集めたゴールドシップ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は、いつもの通り後方からレースを運んで勝負所で追い上げるも反応鈍く、ゴール前で上位各馬の大勢が決した後にようやく追い上げを見せての5着が精一杯という結果に終わった。

 勝ったフェノーメノは、父ステイゴールド母ディラローシェ、その父Danehillという血統。昨年の日本ダービー2着、セントライト記念1着、天皇賞・秋で2着と、強豪4歳世代の中でもトップクラスの実績馬が、4歳休み明けの初戦・日経賞を楽勝。香港遠征といったプランもあった中、その強さに惚れ込んだ関係者が同世代のライバルゴールドシップとの直接対決を選択し、最終4コーナーではその意気込み通りに、どの馬よりも先に先頭に立って最後まで脚どり確かに押し切るという、ライバルのお株を奪う「ロングスパート」で嬉しい嬉しいGI初制覇を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
フェノーメノ(牡4)
騎手:蛯名正義
厩舎:美浦・戸田博文
父:ステイゴールド
母:ディラローシェ
母父:Danehill
馬主:サンデーレーシング
生産者:追分ファーム
通算成績:11戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2013年日経賞(GII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す