スマートフォン版へ

メイショウマンボが2冠目奪取!武幸四郎騎手6年7か月ぶりGI制覇!!/オークス

  • 2013年05月19日(日) 15時49分
 19日、東京競馬場で牝馬クラシックの第2弾・オークス(3歳・牝・GI・芝2400m)が行われ、レース序盤は4番人気クロフネサプライズ(牝3、栗東・田所秀孝厩舎)が単騎で飛ばす縦長の展開。その中で、道中は中団のインコースで待機していた武幸四郎騎手騎乗の9番人気メイショウマンボ(牝3、栗東・飯田明弘厩舎)が、4コーナーで馬群が一団となる際に徐々に先団争いへと接近。各馬の鞍上の手が激しく動く中で直線に向くと、残り300mで外から一気に先頭に立ち、中団待機策から連れて追い込んだ5番人気エバーブロッサム(牝3、美浦・堀宣行厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒2(良)。

 さらに2馬身差の3着に、最後方追走からゴール前で追い込んだ1番人気デニムアンドルビー(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。そのあと4着に、ゴール前で内から脚を伸ばすも力及ばずの3番人気アユサン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)、5着は17番人気フロアクラフト(牝3、栗東・西園正都厩舎)の順で確定。

 なお、逃げたクロフネサプライズは失速して12着、桜花賞2着馬で2番人気レッドオーヴァル(牝3、栗東・安田隆行厩舎)は17着とそれぞれ大敗に終った。

 勝ったメイショウマンボは、父スズカマンボ母メイショウモモカその父グラスワンダーという血統。年明けの2走目の京都のこぶし賞(500万・1600m)、そして桜花賞トライアルのフィリーズRを連勝し、桜花賞では4番人気に推されたが10着。桜花賞組に別路線組と、桜花賞よりも一段と混戦模様に拍車が掛かった中で9番人気まで人気を落としていたが、早めの抜け出しから後続も完封してみせ、第74代目の樫の女王の座を射止めた。そして、これを導いた武幸四郎騎手は、2006年10月にソングオブウインドで制した菊花賞以来、6年7か月ぶりとなる歓喜のGI制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
メイショウマンボ(牝3)
騎手:武幸四郎
厩舎:栗東・飯田明弘
父:スズカマンボ
母:メイショウモモカ
母父:グラスワンダー
馬主:松本好雄
生産者:高昭牧場
通算成績:7勝4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2013年フィリーズR(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す