スマートフォン版へ

キズナだ!これが豊の真骨頂だ!!大外一気で世代の頂点へ/日本ダービー

  • 2013年05月26日(日) 20時00分
 26日、東京競馬場で第80回目のメモリアルを迎えた日本ダービー(3歳・GI・芝2400m)が行われ、道中は後方から3番手を追走していた武豊騎手騎乗の1番人気キズナ(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)が、3〜4コーナーでもじっくりと脚を溜めて回りいよいよ最後の直線へ。残り300mを迎え、18頭の馬群は一気に凝縮。その中から、レースを引っ張り途中から2番手に控えた8番人気アポロソニック(牡3、美浦・堀井雅広厩舎)が僅かに先頭に立ち、残り100m手前では中団待機策から3番人気エピファネイア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が抜け出してくるが、それも束の間、ゴールまで残り60mでキズナが大外から一気の伸び脚で各馬を呑み込んで、2着エピファネイアに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分24秒3(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着にアポロソニックが入り、健闘光った13番人気ペプチドアマゾン(牡3、栗東・吉村圭司厩舎)が4着、5着が皐月賞馬でゴール前の伸び脚を欠いた2番人気ロゴタイプ(牡3、美浦・田中剛厩舎)の順で確定。

 なお、4番人気コディーノ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は終始リズムに乗れず9着に敗れている。

 勝ったキズナは、父ディープインパクト母キャットクイルその父Storm Catという血統で、半姉ファレノプシスは、2000年エリザベス女王杯、1998年桜花賞秋華賞など重賞4勝。

 年明け初戦の弥生賞では、進路取りの迷いから鞍上が「ミス」と認める僅差の5着に敗れると、皐月賞を諦めて目標はダービー1本勝負。毎日杯京都新聞杯と地元関西での怒涛の追込み2連勝から、誰もが認めるダービー候補に上り詰め、堂々の1番人気での世代王者決定戦でも、やはり後方3番手でじっくりと我慢。ゴール前で一気の末脚を繰り出し、各馬を捕らえて先頭に躍り出たその瞬間、場内から沸き上がる地鳴りのような大歓声が後押しとなって、2010年に生まれたサラブレッド7197頭の頂点に立った。

 レース後、ダービーのスタンド前へと戻ってきた1枠1番、白い帽子の武豊騎手ダービーキズナは、詰めかけた13万人から浴びせられる特大の「豊コール」で迎えられ、ディープインパクトで制した2005年以来、自身の持つ最多勝記録を更新する8年ぶり5度目の勝利の味を噛みしめた。

 管理する佐々木晶三厩舎にとっても、1994年開業から20年目での嬉しい「ダービートレーナー」という最高の栄誉を手にした。

【勝ち馬プロフィール】
キズナ(牡3)
騎手:武豊
厩舎:栗東・佐々木晶三
父:ディープインパクト
母:キャットクイル
母父:Storm Cat
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズ
通算成績:7勝5勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2013年京都新聞杯(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す