スマートフォン版へ

レッドレイヴンの青野調教助手、ベストターンドアウト賞表彰/美浦トレセンニュース

  • 2013年05月29日(水) 19時24分
第80回日本ダービーのパドックにおいて「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われた。ベストターンドアウト賞とは、世界の主要GIレースのパドックにおいて実施されている「最も美しく手入れされた馬を担当する厩務員」の努力を称えて表彰するもので、日本では初めての実施となった。審査基準は『馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか』だったが、審査の結果、選ばれたのは、レッドレイヴンの青野泰允調教助手(藤沢和雄厩舎)。その表彰式が、5月29日(水)に、美浦トレーニングセンター場長室において行われた。

青野泰允調教助手のコメント。
「第1回のこのような賞を頂けて、大変嬉しく思います。以前、オーストラリアで働いていた時に友人が受賞したこともありますので、海外にこのような賞があるのは知っていましたし、厩舎の先輩がイギリスのインターナショナルSでこの賞を受賞(ゼンノロブロイ/川越靖幸調教厩務員)したというのも知っていました。馬主さんから大切な馬を預かっているので、馬主さんに対して失礼のないよう、常に馬をきれいにしておくようにという、藤沢先生から教えに気を付けて手入れをしました。

ダービーのパドックでは、自分の緊張を紛らわせるためもありますが、歌を歌いながら楽しく馬を引きました。歌はその時の気分で違いますが、ダービーのパドックで何を歌っていたのかはよく覚えていません(笑)。ブラシや櫛などは、厩舎のものではなく自分の手入れ道具を持っています。気持ちを切り替える意味で、競馬の時には競馬用の手入れ道具を使っています。道具にはこだわるというほどではありませんが、使っていて馬が嫌がるようなら、道具を別のものに替えたりはしていますね。

馬を引く時には、肩の横で引く、馬に対してきつくあたらず、引っ張り過ぎないように・・・と基本に忠実にすることを心がけています。レッドレイヴンは穏やかな馬です。競馬に行くと少しテンションが高くなるのですが、ダービーでは青葉賞の時より落ち着いていました。この賞を頂けたのは、馬のおかげですね。これからも、この賞を頂いたことに恥じぬように、精一杯、馬をしつけて、馬を丁寧に扱い、きれいに手入れをしていきたいと思います。ありがとうございました」(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す