スマートフォン版へ

ローズキングダムが引退し、種牡馬へ

  • 2013年06月06日(木) 12時00分
 10年ジャパンCなどGIを2勝したローズキングダム(牡6歳、栗東・橋口)が5日付で競走馬登録を抹消した。今後は種牡馬となる予定だが、けい養先は未定。デビューから無傷の3連勝で朝日杯FSを制して09年最優秀2歳牡馬を受賞するなど、通算成績は25戦6勝(うち重賞5勝)で、獲得賞金は6億9466万8000円。5月5日の新潟大賞典(11着)がラストランとなった。

 橋口師は「やっぱり寂しいな。ここ1年は、もう1度走らせたい(活躍させたい)気持ちが強かったんだけど」としんみり。「とにかく根性のある馬だった。思い出のレースはジャパンC。(2位入線からの)繰り上がりとはいえ、あれだけの不利があって最後まで差し返す根性を見せてくれたから」と話していた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す