スマートフォン版へ

府中巧者クラレントが2番手追走から押し切りV/エプソムC

  • 2013年06月09日(日) 17時32分
 9日、東京競馬場でエプソムC(3歳上・GIII・芝1800m)が行われ、道中は後続を引き離して大逃げを打った馬から離れた2番手を追走していた岩田康誠騎手騎乗の4番人気クラレント(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)が、4コーナーを持ったままの手応えで回り、直線に向いて残り300mで先頭に立つと一気に抜け出し、後方待機策から直線は最内を強襲してゴール前で猛然と追い込んだ3番人気ジャスタウェイ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)の追撃をハナ差だけ退けて優勝した。勝ちタイムは1分45秒7(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に、中団待機策から直線に向いて脚を伸ばした7番人気サンレイレーザー(牡4、栗東・高橋義忠厩舎)が入った。その後の4着に6番人気リルダヴァル(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)、5着は伸び脚を欠いた2番人気ファイナルフォーム(牡4、美浦・堀宣行厩舎)の順で確定。なお、1番人気サトノアポロ(牡5、美浦・国枝栄厩舎)は見せ場なく7着に敗れている。

 勝ったクラレントは、父ダンスインザダーク母エリモピクシーその父ダンシングブレーヴという血統。昨年のNHKマイルCで15番人気ながら3着に入り、昨秋の富士S、今年に入って東京新聞杯を制覇。先日の安田記念では、現行ルール上で除外対象となる不運にも泣いた生粋の府中巧者が、1800mの今回もゴール前でジャスタウェイの猛追を一杯に踏ん張り通して、東京コースで実に3度目となる重賞制覇を決めた。

【勝ち馬プロフィール】
クラレント(牡4)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・橋口弘次郎
父:ダンスインザダーク
母:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズマネジメント
通算成績:14戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2012年富士S(GIII)、2013年東京新聞杯(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す