スマートフォン版へ

フェイトフルウォーが引退へ、オルフェ世代で重賞2勝

  • 2013年06月21日(金) 18時03分
 21日、2011年の京成杯セントライト記念を制し、翌年の天皇賞・春(13着)を最後に休養していたフェイトフルウォー(牡5、美浦・伊藤伸一厩舎)が左前脚屈腱炎のため引退することが明らかとなった。馬主である、社台サラブレッドクラブのホームページで発表された。なお、今後については未定。

 フェイトフルウォーは、2010年10月10日の新馬(東京芝1800m)でデビューし、返し馬の際に放馬するアクシデントがありながら、レースでは後続を完封して初勝利。その後は、東スポ杯2歳Sで後のGI馬サダムパテックの3着、続くホープフルSでも世代の活躍馬ナカヤマナイトベルシャザールから差のない3着と、2歳秋から中距離戦線で高い素質を垣間みせていた。

 重賞初勝利は年明けの京成杯で、着差はハナ差の辛勝も3番手追走から力強く押し切ってみせた。この勝利により、皐月賞でも好勝負を期待されたが、震災の影響で皐月賞は東京競馬場で行われたこともあり、直行したクラシック初戦は12着。ダービーでも13着で春を終えた。

 ひと夏を越え、秋初戦はセントライト記念を選択。春2走の低迷や、素質馬が揃った一戦ということもあり6番人気の支持に留まったが、直線では鮮やかに抜け出してサダムパテックトーセンラーら、世代の素質馬を相手に完勝し、改めて存在感を示した。その後は、菊花賞へ駒を進めるも7着、休養を経て挑んだ4歳春の日経賞で8着(3番人気)、天皇賞・春では13着。その後は両前肢の腱しょう炎もあり休養していたが、ここへきて左前脚に重度とみられる屈腱炎を発症し、結局そのまま引退する運びとなった。

【プロフィール】
フェイトフルウォー(牡5)
厩舎:美浦・伊藤伸一
父:ステイゴールド
母:フェートデュヴァン
母父:メジロマックイーン
馬主:社台レースホース
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:10戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2011年京成杯(GIII)、2011年セントライト記念(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す