スマートフォン版へ

「夢の3強対決」はゴールドシップが制す!ジェンティル3着、フェノーメノ4着…/宝塚記念

  • 2013年06月23日(日) 15時47分
 23日、阪神競馬場で上半期GIシリーズの総決算、宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m)が行われ、大注目の「4歳3強対決」はレース序盤、大方の予想通りに6番人気シルポート(牡8、栗東・西園正都厩舎)が果敢に単騎ハイペースで飛ばし、大逃げを打つ展開に。

 その中で、スタート後に鞍上内田博幸騎手が押して押して先団へと取り付き、道中は4番手を追走する形になった2番人気ゴールドシップ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)が、3〜4コーナーも追い通しで最後の直線に向いてくると、直線半ば坂下残り300mでようやくエンジン点火。「4歳3強」の中で真っ先に抜け出し、2番手追走から早目抜け出しを図る5番人気ダノンバラード(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)を一気に捕らえて先頭へと躍り出ると、その後は力強いフットワークでゴールまで駆け抜け、2着以下に3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒2(良)。

 さらにクビ差の3着に、3番手追走も直線での伸び脚を欠いた1番人気ジェンティルドンナ(牝4、栗東・石坂正厩舎)が入った。なお、天皇賞・春を制した3番人気フェノーメノ(牡4、美浦・戸田博文厩舎)は反応悪くさらに1/2馬身差の4着まで、5着は4番人気トーセンラー(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)の順で掲示板は確定。

 勝ったゴールドシップは、父ステイゴールド母ポイントフラッグその父メジロマックイーンという血統。昨年の皐月賞菊花賞有馬記念を制し、今年の初戦・阪神大賞典でも専売特許の豪快マクリを炸裂させて快勝。順当にGI4勝目を挙げるかと思われた天皇賞・春で、同期のライバルフェノーメノ以下に屈してまさかの5着。このままでは終われぬとばかり、厩舎関係者はもとより、この中間は内田博幸騎手も栗東滞在で懸命の調整で挑んだ「夢の3強対決」では、ポジションを得るためのスタート後、3〜4コーナー、直線に向いての追い比べと各所で見せた鞍上の「猛ゲキ」に応えて力強く駆け、ダノンバラード以下、ジェンティルドンナフェノーメノを最後は置き去りにする鮮やかな復活優勝。昨年の有馬記念に続くグランプリ連覇とともに、「夢の3強対決」で文句なしのGI4勝目を堂々手にした。

【勝ち馬プロフィール】
ゴールドシップ(牡4)
騎手:内田博幸
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ
母父:メジロマックイーン
馬主:小林英一
生産者:出口牧場
通算成績:13戦9勝(重賞7勝)
主な勝ち鞍:2012年皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す