スマートフォン版へ

マイルCS連覇などGI・3勝したデュランダルが急死

  • 2013年07月08日(月) 20時20分
 2003年、2004年のJRA最優秀短距離馬デュランダル(14歳、父サンデーサイレンス)が7日、種牡馬生活を送っていた日高町のブリーダーズスタリオンステーションで死亡した。

 同馬は通算18戦8勝(海外1戦0勝)。豪快な追い込みを武器に、マイルチャンピオンシップ2連覇、スプリンターズSなどに優勝。現役引退後は、2006年から社台スタリオンステーションで種牡馬となり、2011年のオークスエリンコートなどを出して成功していた。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す