スマートフォン版へ

真夏の快速王はハクサンムーン!好ダッシュを決めて「直千」を制す/アイビスSD

  • 2013年07月28日(日) 18時00分
 28日、新潟競馬場で開催名物の「直千コース」を舞台にアイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII・芝1000m)が行われ、好スタートを決めてすぐさま外ラチ沿いへ向かった酒井学騎手騎乗の1番人気ハクサンムーン(牡4、栗東・西園正都厩舎)が、ダッシュよく序盤ハナに立った3番人気フォーエバーマーク(牝5、美浦・矢野英一厩舎)を残り600mあたりで交して先頭に立つと、レースはそのまま2頭でのマッチレースに。結局、終始手応えに余裕のあったラチ沿いのハクサンムーンが、追い縋ったフォーエバーマークを残り150mで悠々と振り切って単独先頭に立ち、最後は3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは54秒2(良)。

 さらに3.1/2馬身差の3着には、6番人気リトルゲルダ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)が入った。4着が8番人気レオパステル(牝6、美浦・奥平雅士厩舎)、5着には12番人気デュアルスウォード(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)が入って掲示板は確定。

 なお、連覇が期待された2番人気パドトロワ(牡6、栗東・鮫島一歩厩舎)は、見せ場なく10着に敗れている。

 勝ったハクサンムーンは、父アドマイヤムーン母チリエージェその父サクラバクシンオーという血統。昨年の京阪杯制覇や、今年に入って高松宮記念で3着、前走・CBC賞でも2着と、いずれも逃げて安定したパフォーマンスを発揮。今回はスピードを存分に発揮できる「直千競馬」で、レース序盤に楽に先頭を奪うと、地元新潟市出身の酒井学騎手が残り200m過ぎて少し追っただけでまたひと伸びを見せて悠々抜け出し、2度目の重賞制覇。通算6勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
ハクサンムーン(牡4)
騎手:酒井学
厩舎:栗東・西園正都
父:アドマイヤムーン
母:チリエージェ
母父:サクラバクシンオー
馬主:河崎五市
生産者:白井牧場
通算成績:16戦6勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2012年京阪杯(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す