スマートフォン版へ

流れに乗って早め先頭、レッドスパーダが3年半ぶりの重賞制覇/関屋記念

  • 2013年08月11日(日) 15時52分
 11日、新潟競馬場で真夏のマイル重賞・関屋記念(3歳上・GIII・芝1600m)が行われ、道中はややゆったりとした流れの単独2番手を追走していた北村宏司騎手騎乗の4番人気レッドスパーダ(牡7、美浦・藤沢和雄厩舎)が、659mを誇る長い長い直線の入り口で早々と先頭に躍り出ると、ゴールまでその脚鈍ることなくそのまま粘り込んで、後方追走からゴール前一気の伸び脚で追い込んだ1番人気ジャスタウェイ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)に、最後は1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。

 さらにハナ差遅れての3着に、内からじわじわと脚を使って上位争いへ浮上した3番人気レオアクティブ(牡4、美浦・杉浦宏昭厩舎)が入った。

 なお、2番人気ドナウブルー(牝5、栗東・石坂正厩舎)は粘れず態勢不利の4着、5着には直線半ばで見せ場を作った9番人気ワイズリー(セン5、栗東・松元茂樹厩舎)が入って掲示板は確定した。また、8番人気ナンシーシャイン(牝3、美浦・岩戸孝樹厩舎)は4コーナーを回ったところで故障発生、競走を中止している。

 勝ったレッドスパーダは、父タイキシャトル母バービキャットその父Storm Catという血統。3年半前、4歳時の2010年の1月の東京新聞杯(GIII)では、後のGI馬エーシンフォワードらを下すなど、若いときから芝のマイル戦線を中心に活躍してきたが、その後は脚部不安などで順調に使えずに大半を休養に充てる日々。しかし、前走・パラダイスS(東京芝1400m)で久々の勝利を飾ると、真夏の新潟でもそのスピードを如何なく発揮し、完全復活を思わせる2度目の重賞制覇で通算6勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
レッドスパーダ(牡7)
騎手:北村宏司
厩舎:美浦・藤沢和雄
父:タイキシャトル
母:バービキャット
母父:Storm Cat
馬主:東京ホースレーシング
生産者:下河辺牧場
通算成績:20戦6勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2010年東京新聞杯(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す