スマートフォン版へ

【関屋記念】(新潟)〜古豪レッドスパーダが久々の重賞V

  • 2013年08月11日(日) 17時14分
新潟11Rの関屋記念(3歳以上GIII・芝1600m)は、4番人気レッドスパーダ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒5。1馬身1/4差の2着に1番人気ジャスタウェイが、ハナ差の3着に3番人気レオアクティブがそれぞれ入線。

レッドスパーダは美浦・藤沢和雄厩舎の7歳牡馬で、父タイキシャトル母バービキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は20戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 レッドスパーダ 北村宏司騎手
「ペースも2番手で進めるのも思った通りでした。直線で前に行っていた馬がアクシデントでいなくなるのは誤算でしたが、できるだけ後続を引きつけて追い出しをギリギリまで我慢しました。速いタイムの決着には対応してくれるだろうと思っていましたし、最後によく突き放してくれました。7歳になりましたが、休んでいた期間もありますから、まだまだがんばって欲しいですね。とにかく体調を崩さないようにキープしてくれればと思います」

2着 ジャスタウェイ 福永祐一騎手
「ゲートを出ませんでした。あのスタートでは仕方ないです。外を回すわけにはいかず、内から中を突いて、うまく外へ出せましたが、勝った馬が2番手にいたことを考えるとよく来たと思います。残念です」

3着 レオアクティブ 横山典弘騎手
「今日は馬の雰囲気がよく、チャンスだと思っていました。最後もがんばっています。勝てませんでしたが、力は出していると思います」

4着 ドナウブルー 内田博幸騎手
「道中は折り合って良い感じでしたが、最後でダラダラという感じになりました。馬はよくできていて、2着を確保したかったのですが、そこまで来られませんでした。今日の馬の感じや位置取りなど、自分としては精一杯乗りました。牝馬は体調を整えるのが難しいということでしょうか。去年と今年の差もあるのかもしれませんが、原因はわかりません。相手が上だったのだと思います」

5着 ワイズリー 松山弘平騎手
「いいスタートでしたし、手応えよく、絶好のポジションにつけられました。直線で一度先頭に立ったのですが、差し返される形になりました。あともうひと踏ん張りでした。重賞でこれだけやれるのですから、今後も可能性はあります」

7着 ランリョウオー 松岡正海騎手
「折り合いに気をつけて、いいところに行けました。しかし、おさまりすぎてしまった感じです。返し馬の感じもよく、流れには乗れたのですが、夏がよくないのでしょうか。能力は足りそうな感じでしたが、届きませんでした」

8着 シャイニーホーク 蛯名正義騎手
「折り合いがついて、いい形でした。手綱を持ちながら相手が動くのを待って、ギリギリまで追い出しを待っていました。しかし、相手から動いてくれませんでした。道中もかからないように気をつけながら乗るような感じでした。出していってもかからない形ならば、どこかでチャンスがありそうです」

9着 シルクアーネスト 宮崎北斗騎手
「具合もよく、仕上げてくれていましたが、こういう軽い馬場より時計がかかったほうがいいと思います」

10着 フラガラッハ 高倉稜騎手
「ゲートで滑ってしまいました。折り合いもつくようになってきたので、ゲートが出ればと思っていましたが、あれだけゲートが悪いと......。あと平坦でごまかしのきかないコースは合わないです。坂のあるコースのほうがいいと思います」

13着 ザラストロ 酒井学騎手
「前走に比べてカッカしていました。ケンカをするほどではありませんでしたが......。いいところにつけて外々を回ったのですが、最後でスッと行けませんでした。相手関係もあるのかもしれません」

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す