スマートフォン版へ

ジャスタウェイGI初V、大和屋オーナーはドバイ挑戦プランも/天皇賞・秋

  • 2013年10月28日(月) 18時20分
「第148回・天皇賞・秋・GI」(芝2000m)は27日、東京11Rに17頭争われ、5番人気のジャスタウェイ(栗東、須貝)が、直線豪快な末脚を発揮して圧勝。GI初勝利を飾った。勝ちタイムは1分57秒5。4馬身差の2着には2番手から積極的に運んだ1番人気のジェンティルドンナ、さらに2馬身差の3着には3番人気のエイシンフラッシュが入った。

 乗り難しいエピファネイアを先週の菊花賞で勝利へと導き、福永は2週連続GIV。ジョッキーとして大きく飛躍した冷静な判断があった。「相手は強くなるけど、自分がうまく乗れば一発があると思っていました。いいスタートで、最高のポジションを取ることができた」と中団につけた主戦がマークしたのは2番手を進んだ女王ではなく、前走の毎日王冠でコンビを組みVを決めていたエイシンフラッシュだった。

 よどみのない流れのなか、ワンテンポ仕掛けを遅らせて直線半ばで外へ持ち出すと、早めに先頭に立った女王を並ぶ間もなく外からかわし、その差をグングン広げていった。

 秋と春、季節こそ違うが、ゴールドシップですら勝てなかった天皇賞だ。「一番勝ちたかったレースを、なかなか勝てなかった馬で勝てたことがうれしくて、ほろっときました」。そう明かした指揮官は「ジャパンカップは使いません。次走は様子を見ながら」と話したが、大和屋オーナーは来春のドバイ挑戦プランを披露した。福永は「距離は延びても大丈夫。年度代表馬を負かしたんだから」と意気軒高。勝利の味を思い出した4歳馬の快進撃がここから始まる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す