スマートフォン版へ

ジャスタウェイの次走は香港遠征を見送り、有馬記念か休養のどちらか

  • 2013年10月29日(火) 12時00分
 天皇賞・秋でGI初制覇を飾ったジャスタウェイは、28日の午前1時半に栗東トレセンに帰厩した。担当の榎本助手は「今回は力を出し切った感じで、おとなしいですね。これまでは不完全燃焼でしたから」と3歳時のアーリントンC以来、1年8か月ぶりの勝利に、晴れ晴れとした表情を浮かべた。

 2着のジェンティルドンナに4馬身差をつける圧勝劇。「びっくりしましたね。気付いたら抜け出していたので、声を出すこともありませんでした。かみ合えばチャンスはあると思っていましたが、こんなに強い勝ち方をしてくれるとは。家に帰って何度もレースを見ましたよ」と興奮気味に振り返った。

 年内は休養か、使っても有馬記念(12月22日・中山、芝2500m)で、登録のある香港遠征は見送る。榎本助手は「来年のドバイを目標にしていくと聞いています。まだ子どもっぽいところもありますし、これから良くなっていく感じもありますから」とさらなる飛躍を期待していた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す