スマートフォン版へ

ハタノヴァンクールが浅屈腱炎発症のため引退

  • 2013年11月06日(水) 16時23分
 今年の川崎記念他、GI・2勝を挙げたハタノヴァンクールが、左前脚に浅屈腱炎を発症し、現役を引退することが発表された。

 同馬は、父キングカメハメハ母ハタノプリエその父ブライアンズタイムという血統。2011年11月に芝1800m戦でデビューし惨敗したものの、2戦目のダート1800m戦で4馬身差の圧勝。再び芝レースを選んだ次走での敗退で芝に見切りをつけ、2012年1月の500万下条件戦から4連勝でジャパンダートダービー(GI)を制し、3歳ダートチャンピオンの座に輝いた。

 その後も交流重賞を中心にダート戦線で活躍し、今年の川崎記念(GI)、ブリーダーズGC(GII)を制した。4日に金沢競馬場で行われたJBCクラシック(GI)では4番人気に推されていたが、11着入線後鞍上の四位騎手が下馬。検査を行った結果、前述の浅屈腱炎が判明した。

【プロフィール】
ハタノヴァンクール(牡4)
厩舎:栗東・昆貢
父:キングカメハメハ
母:ハタノプリエ
母父:ブライアンズタイム
馬主:グッドラック・ファーム
生産者:グッドラック・ファーム
通算成績:17戦7勝(JRA9戦4勝・重賞3勝)
主な勝ち鞍:2012年ジャパンダートダービー(GI)、2013年川崎記念(GI)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す