スマートフォン版へ

笠松の名手濱口楠彦騎手が死去

  • 2013年11月12日(火) 10時52分
 笠松競馬所属で、近年はラブミーチャンの主戦として知られた濱口楠彦騎手が死去していたことがわかった。53歳だった。死因などは今のところ不明。

 同騎手は1976年10月20日にデビューし、同日に初勝利を挙げた。中央競馬に移籍し活躍した安藤勝己氏と同期で、生年月日まで全く同じ。通算19420戦2560勝(本年は233戦35勝)。前述のラブミーチャンとのコンビで、2009年全日本2歳優駿(GI)、2009年兵庫ジュニアグランプリ(GII)、2012年東京盃(GII)を勝っている。

 中央競馬への参戦は少なかったものの、2006年ワールドスーパージョッキーズシリーズでの勝利など、通算76戦3勝という成績を挙げていた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す