スマートフォン版へ

イスラボニータが直線の叩き合いを制し重賞初制覇/東京スポーツ杯2歳S

  • 2013年11月16日(土) 17時35分
 16日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳S(2歳・GIII・芝1800m)が行われ、道中は3番手で進めた蛯名正義騎手騎乗の2番人気イスラボニータ(牡2、美浦・栗田博憲厩舎)が、直線に入って前を交わし、好位の外から並んできた4番人気プレイアンドリアル(牡2、地方・田部和則厩舎)との叩き合いをクビ差制して優勝した。勝ちタイム1分45秒9(良)は東京芝1800mの2歳戦レコード。

 さらに1.1/4馬身差の3着には、後方から脚を伸ばした5番人気クラリティシチー(牡2、美浦・上原博之厩舎)が入った。なお、3番人気ラングレー(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)はクラリティシチーから1/2馬身差の4着、1番人気サトノアラジン(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)はさらに1/2馬身差の5着に終わった。

 勝ったイスラボニータは、父フジキセキ母イスラコジーンその父Cozzeneという血統。新馬勝ち後に挑んだ新潟2歳Sでは2着だったが、いちょうS、そして今回と、東京芝1800mで連勝を決め、重賞初制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
イスラボニータ(牡2)
騎手:蛯名正義
厩舎:美浦・栗田博憲
父:フジキセキ
母:イスラコジーン
母父:Cozzene
馬主:社台レースホース
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:4戦3勝(重賞1勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す