スマートフォン版へ

ジェンティルドンナ1年ぶりの美酒は史上初のJC連覇!/ジャパンカップ

  • 2013年11月24日(日) 20時49分
 24日、東京競馬場でジャパンカップ(3歳上・GI・芝2400m)が行われ、3番人気エイシンフラッシュ(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)がハナを切る展開の好位に付けたR.ムーア騎手騎乗の1番人気ジェンティルドンナ(牝4、栗東・石坂正厩舎)が、直線に入って400mを切ったところでエイシンフラッシュを内から交わして抜け出し、ゴール前追い込んできた7番人気デニムアンドルビー(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)をハナ差しのいで優勝した。勝ちタイムは2分26秒1(良)。

 さらにクビ差の3着には、道中2番手から最後まで粘りを見せた11番人気トーセンジョーダン(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、逃げたエイシンフラッシュは10着、最後方からレースを進めた2番人気ゴールドシップ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は末脚不発のまま15着に終わった。

 勝ったジェンティルドンナは、父ディープインパクト母ドナブリーニその父Bertoliniという血統。昨年は牝馬3冠を達成し、続くジャパンカップでもオルフェーヴルを破り、3歳牝馬としては初の年度代表馬となった。今年に入ってからは、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念3着、天皇賞(秋)2着と勝ち星がなかったが、ここで1年ぶりの勝利にして史上初となるジャパンカップ連覇を決めた。

【勝ち馬プロフィール】
ジェンティルドンナ(牝4)
騎手:R.ムーア
厩舎:栗東・石坂正
父:ディープインパクト
母:ドナブリーニ
母父:Bertolini
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:13戦8勝(重賞7勝)
主な勝ち鞍:2012年ジャパンカップ(GI)

【勝利ジョッキー・R.ムーア騎手のコメント】
 こんな素晴らしい馬に乗れたことを凄く感謝します。ジャパンカップの連覇についてはブエナビスタという強い牝馬が、正式ではないですが2年連続で1着で入線していますが、ジェンティルドンナで正式に連覇することができたので彼女が本当に強い牝馬だということを皆さんにお見せすることができて良かったと思います。

 今回は初めてのコンビでしたが、レースビデオを見て彼女が強いということは分かっていたので、力を信じて道中落ち着かせながら乗るだけだと思っていました。実際のレースではペースが遅くて、思っていたよりも前に早く行き過ぎてしまったのでどうなるかと思ったのですが、強い姿をお見せすることができました。ゴール前の接戦は、早く出過ぎたところにデニムアンドルビーが外から伸びてきたので、追いつかれるかと思っていて、入線した時は勝っているという自信がありませんでした。その後もボードに着順が出るまでは確信できませんでしたね。

 (ジェンティルドンナは)今年は勝てていませんでしたが、ファンの皆さんが信じていた通りの心強い走りをお見せすることができて本当に良かったと思います。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す