スマートフォン版へ

カレンミロティック完勝、池添は「イメージ通り」/金鯱賞

  • 2013年12月01日(日) 12時00分
 素質馬が重賞初挑戦で一発回答。「第49回金鯱賞・GII」(芝2000m)は30日、中京11Rに14頭で争われ、3番人気のカレンミロティック(栗東・平田)が先行策から堂々と抜け出し、うれしい初タイトルを獲得した。道中は逃げる1番人気のメイショウナルト(14着)を見ながら、集中した走りで2番手を追走。直線入り口で早々と先頭に躍り出ると、持ち前の力強い走りで後続の追い上げをシャットアウトした。勝ちタイムはコースレコードタイの1分59秒6。2馬身半差の2着は3番手からしぶとく脚を使った6番人気のラブリーデイ。さらに3/4馬身差の3着には長期休養明けの8番人気ウインバリアシオンが食い込んだ。

 4カ月ぶりの実戦だったが、池添は「返し馬がとてもいい感じでしたから、仕上がったと感じました。イメージ通りでしたし、本当によく頑張ってくれました」と会心の勝利に笑みを浮かべた。

 暮れのグランプリのキップを手にした。平田師も納得の表情だ。鈴木隆司オーナーと話し合い、今回「勝てば有馬記念」と決めていたが、思い描いた通りの結果となった。「軽い馬場でペースも良く、力を発揮できる条件がそろっていましたが、この馬自身がピークを迎えつつあることも確かだと思います」。調教助手時代に担当するダイユウサクで91年の有馬記念を射止めた指揮官は、夢舞台へと思いをはせた。

 昨年は金鯱賞を制したオーシャンブルーがグランプリで2着。今年も最終予選を突破したミロティックが、胸を張って中山へと向かう。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す