スマートフォン版へ

アスカクリチャンは7着、優勝はドミナント/香港ヴァーズ

  • 2013年12月08日(日) 18時26分
 現地時間8日、香港・シャティン競馬場で行われた香港ヴァーズ(3歳上・香GI・芝2400m、12頭立て・1着賞金855万香港$)に、日本のアスカクリチャン(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)が出走。

 道中は5番手で進め、3〜4コーナーでは3番手まで上がっていくところを見せたが、直線では伸びを欠き最後は7着に終わった。勝ったのは後方からの追い込みを決めた地元のドミナント(牡5、香港・J.ムーア厩舎、Z.パートン騎手)で、勝ちタイムは2分27秒29。

 2着にはイギリスのザフューグ(牝4、英・J.ゴスデン厩舎、W.ビュイック騎手)、3着にはジャパンカップにも参戦したフランスのドゥーナデン(牡7、仏・M.デルザングル厩舎、J.スペンサー騎手)が入った。

【日本馬プロフィール】
アスカクリチャン(牡6)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・須貝尚介
父:スターリングローズ
母:ローレルワルツ
母父:ダイナレター
馬主:栗本博晴
生産者:つつみ牧場
通算成績:38戦7勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2013年アルゼンチン共和国杯(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す