スマートフォン版へ

中山最後の朝日杯は初芝のアジアエクスプレスが制す!/朝日杯フューチュリティS

  • 2013年12月15日(日) 18時13分
 15日、中山競馬場で朝日杯フューチュリティS(2歳・牡牝・GI・芝1600m)が行われ、道中は中団に構えたR.ムーア騎手騎乗の4番人気アジアエクスプレス(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)が、内目から外に動きながら4コーナーを回って、直線では力強い伸び脚を発揮。先行各馬をまとめて捕らえ、好位から4コーナーで前に取りつき脚を伸ばした6番人気ショウナンアチーヴ(牡2、美浦・国枝栄厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に5番人気ウインフルブルーム(牡2、栗東・宮本博厩舎)が入った。なお、1番人気アトム(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)は先団の後ろから差を詰めるも5着、2番人気プレイアンドリアル(牡2、川崎・河津裕昭厩舎)は好位でレースを進めるも直線の争いで競り負け7着、逃げた3番人気ベルカント(牝2、栗東・角田晃一厩舎)は直線で力尽きて10着に終わった。

 勝ったアジアエクスプレスは、父Henny Hughes、母Running Bobcats、その父Running Stagという血統の外国産馬。新馬戦で5馬身、2戦目のオキザリス賞で7馬身とダートで圧勝を続けたが、陣営は全日本2歳優駿に向かわず芝の本レースに出走することを選択。その期待に見事応え、初芝でGIを制すという偉業を成し遂げた。

【勝ち馬プロフィール】
アジアエクスプレス(牡2)
騎手:R.ムーア
厩舎:美浦・手塚貴久
父:Henny Hughes
母:Running Bobcats
母父:Running Stag
馬主:馬場幸夫
生産者:OcalaStud
通算成績:3戦3勝(重賞1勝)

【勝利ジョッキー・R.ムーア騎手のコメント】
 スタートは少し遅かったのですが、内ラチ沿いを上手く走れて、外に持ち出した時に凄く反応が良かったです。よく走ってくれました。

 前走のダート戦でギアがたくさんあったので、今日はそれを生かして走ろうと思いました。芝とダート両方を走れる馬は特別ですし、(芝でもダートでも)これからもっと良くなると思います。成長が楽しみです。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す